エフペシアの発毛効果は6割程度

薄毛は特に男性がなることが多く、今までは基本的に改善することは難しいと思われてきました。しかし、最近になって薄毛の原因となるメカニズムが徐々に判明してきており、それに合わせた薬も開発されるようになってきています。薄毛の原因については、体内にある酵素が原因で起こるといわれており、この酵素が関係している薄毛の場合は、AGAと呼ばれるようになりました。AGAを改善するためには、髪の毛の成長を阻害している酵素の働きを弱めることが大事になってきます。そこで、最近開発されたエフペシアと呼ばれる薬は、髪の毛の成長を阻害している酵素を弱めることができる効果がありますから、AGAの改善が期待できるということが言えます。また、エフペシアはジェネリック医薬品であり、値段についても、特許が切れる前の薬よりもわずかな費用で購入することができます。
では、エフペシアはどのくらいの発毛効果が期待できるのかというと、実際に使用している人の割合では6割程度といわれています。もともとAGAの治療は行うことが難しかったわけですから、それと比較すれば、かなり効果的な薬であるということが言えるでしょう。また、仮に発毛効果があまり見られなかったとしても、現状を維持することができるという効果も期待することができますから、AGAの改善、もしくは維持にかなり貢献できているといえるでしょう。
中には、エフペシアなどの薬と塗り薬を併用するといったようなケースもあります。AGAに効果的な塗り薬と併用して育毛を行っていけば、発毛効果をさらに高めることができると考えられます。また、塗り薬だけではなく、日々の生活習慣なども変えていくということも重要になってきます。