医薬品成分を含まない発毛剤

抜け毛や薄毛が気になりだすと、興味が出てくるのが育毛剤や発毛剤などの商品ではないでしょうか。ドラッグストアなどにいくと多くの育毛や発毛に関する商品が販売されています。そのため、初めて利用する場合にはそれらの違いがよくわからず、どの商品を購入するのが良いのか悩んでしまうものです。
発売されているものは大きく分けると育毛剤と発毛剤とに分けることが出来ます。育毛剤というのは多くの場合は医薬品成分を含んでいない商品であり、医薬部外品になります。育毛剤はふけやかゆみを抑える成分を含んでおり、頭皮の血行をよくすることによって髪の毛の成長を促進する役割を果たします。
それに対して発毛剤は医薬品の成分を含んでおり、髪の細胞に働きかけ、新たに髪が生えてくるようにする商品になります。日本の薬局においてはミノキシジルという発毛成分を含んだリアップという商品が販売されています。医薬品のため、購入する際には薬剤師への相談が必要になります。
日本において発毛や育毛の効果があることが実証されている成分には二つあります。ひとつは先ほど紹介したリアップに含まれているミノキシジルという成分です。もうひとつは医師の診察を受けることで処方を受けることが出来る薬であり、フィナステリドといいます。商品名ではプロペシアといい、内服することで抜け毛の減少と発毛効果を期待することができます。
日本で購入する方法には実は別の方法もあります。それは個人輸入を利用する方法です。個人輸入を利用するとフィナステリドを含んでいるエフペシアという薬を購入できます。エフペシアはインド第2位の製薬会社が製作している薬であり、プロペシアと同じ成分であるフィナステリド1mgを含んでいるため、同様の効果が期待できます。エフペシアは値段も安く長期にわたって利用しやすい薬です。